コケ対策について|アクアリウム用品や水草、熱帯魚の通販サイトのアクアショップ蓮

商品カテゴリー

商品検索

検索カテゴリー

アクアリウム Q&A

コケ対策について

コケについて

アクアリウムを初めて第一の難関、それはコケではないでしょうか?
コケとは何か?
私自身もさんざん悩まされましたし、水槽をひっくり返してやろうか!なんて思ったこともありました。
では、なぜ発生してしまうのか?
そして対策方法は?
そんな疑問の答えを探っていきましょう!


何者なのか?

コケを対策するために、まずはコケの事を知っておく必要があります。
コケは熱帯魚や水草と同じ生き物です。
違うところは、サイズがミクロ単位なのと、招かざる生物といったところでしょうか?
生体や水草、水槽に入れる装飾品など、自然のものを水槽内に入れる以上、必ずコケの素を水槽の中に持ち込まなくすることは、コケがミクロサイズである以上不可能です。
こんなことを言うと難しく感じてしまうかもしれませんが、コケと上手に付き合うことが、一つのアクアリウムといえるでしょう。


もっとわかりやすく

「で?どうすればいいの?」と言われそうなので、もっとわかりやすく身近なものに例えて説明していきましょう。
水槽を人間の体とするならば、コケは脂肪です。
メタボな私が言っても説得力がなさそうですが…。
脂肪はゼロにすることは無理ですし、発生条件も対策法もよく似ているので、この例えで説明していきます。

対策法を考える

コケが脂肪という例えのイメージが出来れば、もう攻略したも同然です。
消費量よりも摂取量が上回れば、脂肪がついてしまう。
消費量よりも摂取量が下回れば、脂肪は減っていく。
要は水槽内にダイエットが必要ってことなんです。
あれ?自分で書いてて、なんかめんどくさそうに感じてきてしまいました。
ダイエットがそうさせるのか?
でも水槽内はそんなめんどくさくありませんのでご安心を。

対策法その1

格メーカーさんから様々なコケ対策用品がありますが、それは仕上げに使用します。
まずはコケ発生の根本的な原因を改善します。
この対策法は、一般的な生体メインの水槽であれば、ほぼコケの拡大を阻止できます。
アナログで強引な力技ですが、ズバリ水替えです。
つまり、コケが増えてしまう大きな原因が、水槽内の富栄養化によるため、栄養素を取り出してしまうということです。
なぜ富栄養化になるのか?といいますと、生体の糞、食べ残し、水草の枯葉などを、バクテリアが分解してくれるのですが、それらが植物の栄養素となるためです。
消費量よりも摂取量が上回わっても、それを取り出してしまえば、脂肪にはならないということです。
全部の水を変えてしまうと、バクテリアもいなくなってしまうので、3分の1づつをこまめに行うことがポイントです。

対策法その2

コケの拡大を阻止しても、今あるコケを処理しなければなりません。
大発生してしまった場合、人力による除去も必要ですが、毎回となればめんどくさいですよね?
そこで大活躍してくれるのが、エビなどのコケ取り生体です。
生物兵器と言われるほど強力です。
コケ予防も、コケ取り生体が食べてくれる分まででよくなるので、一石二鳥です。
仕上げに、ろ過精度を上げるためにバクテリア添加剤を添加するのも効果的です。


おさらい

コケと言ってもたくさんの種類がありますが、ほぼこの方法で改善することができます。
簡単にまとめると、栄養素を貯めこまないために水替えを行い、除去は生体にやってもらう。といった感じでしょうか。
ろ過に関しても、何かで濾すというよりも、バクテリアに綺麗にしてもらう。ですね。
バクテリアが定着するまでは、しっかりと水替えをしてあげるのもポイントです。